薄毛対策は食べ物を改善するところから始めるのが理想

  • 薄毛対策の食生活まずはNG食品を抑えよう

    • 薄毛対策のために食生活を考えているのでしたら、まずは食べるのを控えるべき食品を抑えておきましょう。



      何かと偏りがちな食生活をしてしまいがちですから、控えるべき食品を抑えるだけでも効果は高いはずです。


      では、薄毛のためならどういった食品を控えるべきしょうか。


      特に控えないといけないのは脂質の多い食品でしょう。薄毛対策では、皮脂の過剰分泌は避けなければなりません。



      その点、脂質の多い食品は頭皮からの皮脂の分泌を促してしまうデメリットを持っています。



      皮脂が毛穴につまると、当然髪の毛は成長しません。



      皮脂の分泌を抑えるためにも、なるべく脂質の多い食べ物は抑えましょう。



      例えば、揚げ物、ラーメン、脂質の多い肉など、これらは薄毛対策を考えた食生活上望ましくありません。なるべく、毎日食べるのは抑えておきましょう。

      また、薄毛対策上たんぱく質を取ることも大事ですが、脂質を抑えるためにはなるべく動物のお肉を食べるのは避けたほうが良いでしょう。



      タンパク質でも鳥のささみなど、なるべく脂質の少ない部位を積極的に献立に入れるべきです。特に、髪の毛の育毛上では脂質が一番よろしくありません。
      皮脂の分泌を促し毛穴を詰まらせてしまい髪の毛の成長を阻害してしまう悪影響が考えられますから、なるべく脂質の多い食べ物は防ぐようにしましょう。


      即席食品やインスタント食品にも多くの脂質が入っていますから、インスタント類も考えて選ぶべきでしょう。


  • 関連リンク